--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-12

集団ストーカーでは無くなって来ました③

見ず知らずのお宅に上がってしまってからの話は記憶が曖昧なので割愛させて頂いて、結果どうなったかと言いますと
警察を呼ばれて取り調べを受けました。取調べを受けている間も彼らは友人の声を借りて私に話しか続けました。
一昨年と同じように、助けるようなことを言うかと思えば、裏切るようなことを言い、いい様に振り回されました。

取調べの最中「殺人をやっただろ!」と警察官に怒鳴られたりもしましたが、加害者が言わせていることだと分かっていたので相手にはしませんでした。
その後両親が迎えに来てくれて無事に帰れましたが、この間も「集団ストーカーが解決した」と言うストーリーの催眠術が続いていました。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
もう、本当にストーリーばかりでメモするのが嫌になりましたので最近の状況を・・・。

体全体を重くする嫌がらせや、舌が回らなくなる嫌がらせと表情を乏しくする嫌がらせが中心で、仄めかしと脳内音声送信はまったくありません。
 
スポンサーサイト

2010-04-07

集団ストーカーではなくなって来ました②

12月12日

朝からご近所の人達の様子がおかしく、彼らがなにかやりそうな予感はしていました。

その日、私はのんびりとガソリンスタンドへ行ったはずなのですが、灯油を買って帰ってくる頃には彼らの催眠術にハマっていて、届いた本を読みながら一昨年の再体験をしていました。

その再体験とは、彼らが一昨年の騒ぎで使った作り話を聞かされるというものでした。内容は「お前のせいで死んだ者達がやって来て家ごとお前を潰す」と言うもので、一昨年は何度も何度も話を少し変えて殺される話を聞かされ続けましたが、今年はすんなり引っかからずにすみました。

ここからが少し曖昧になって行くのですが、某宗教団体にとりつかれた家族から友人を連れて逃げる話になり、実際に友人宅まで行ってひたすら愛を歌いながら時には激しくクラクションを鳴らし出てくるはずのない友人を待っていました。
この時、私自身は歌を歌ってはおらず、私の口を借りて彼らが自作の歌を歌い続けていました。今、思い出してもしっかりとした歌になっていたことを覚えています。

この間もストーリーは進み、某宗教団体から助けられなかった家族も友人も同級生もストーリーの中でどんどん殺して行きました。車の中で愛を歌いながら、同級生の見たことの無い奥さんに向けて暴言吐きながら。(ですが最終的には皆生き返ってハッピーエンドと言う私好みではありました。)

そしてコインパーキングからほど近いはずの姉の嫁ぎ先ではなく、見ず知らずのお宅に上がってしまうのでした。

2010-04-02

集団ストーカーでは無くなって来ました。①

去年の12月12日の一般のお宅と警察を巻き込んだ騒ぎ以来、彼らのやり方が変わって来ました。
まずはこの騒ぎの内容をメモしたいと思います。

12月11日

彼らの仲間の一人が彼らの中で笑いものになり、からかわれていた。
その彼女が勘違いしたのは私が卵なし(不妊)だということらしい。
とにかく彼らと会話することが楽しくて、コタツに寝転んで会話を楽しんでいた。

時々催眠術的な口調と声色になり、一度目は「もうすぐ世界が滅ぶ」などと言ってはからかい、「お前は話を聞くからだまされるんだ」と彼らから忠告を受けるが、強制的に聞かせられているので無理な話だと反論しました。

その日二度目は「○○家(susuの本名)は豊臣の血筋だ」と言い始め、集団ストーカーをしているのが某宗教団体で、集団ストに遭いたくない地元の人達はほぼ強制的に入会していると言うストーリーでした。
この某宗教団体の教祖と関係者は霊能力があり、その力で私を監視していると加害者は話していました。今思うとこの話もそうですが、どこから現実離れしているのか分からないんですよね。(苦笑)

この話には続きがあり、自宅周辺の霊に千姫が助けを求めて騒がした罰だといい、首を落とす落とさないでもめ、結局別の味方役が騒ぐ人達を一喝してその場を収めたと言うものでした。
その侍(?)役は私がトイレに入ると私の口を借りて叫びだし、まるでトイレに姿のない人達が覗きにでも来ていたかのように、追い払うかのようにしばらく怒鳴り続けました。そして、翌日もお風呂等一人っきりになると勢いよく怒りだし、
「いいか良く聞けよ。俺達はこうやって稼いでんだよ!」「お前俺が恐いだろ!?。だよな・・?なんで恐いか分かるか?・・・」と説教に近いものをされました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

すみません、彼らの考えたストーリーまで書こうとするととても長くなってしまいました。
こう振り返って見ると、ガンガン話してドンドン忘れて行くうちに彼らの罠にハマっているようです。
被害者の方で同じような被害に遭われた方がいるのですが、その後ブログが更新されずどうされたのか分かりません。

続きは明日書きますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。