--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-07

集団ストーカーではなくなって来ました②

12月12日

朝からご近所の人達の様子がおかしく、彼らがなにかやりそうな予感はしていました。

その日、私はのんびりとガソリンスタンドへ行ったはずなのですが、灯油を買って帰ってくる頃には彼らの催眠術にハマっていて、届いた本を読みながら一昨年の再体験をしていました。

その再体験とは、彼らが一昨年の騒ぎで使った作り話を聞かされるというものでした。内容は「お前のせいで死んだ者達がやって来て家ごとお前を潰す」と言うもので、一昨年は何度も何度も話を少し変えて殺される話を聞かされ続けましたが、今年はすんなり引っかからずにすみました。

ここからが少し曖昧になって行くのですが、某宗教団体にとりつかれた家族から友人を連れて逃げる話になり、実際に友人宅まで行ってひたすら愛を歌いながら時には激しくクラクションを鳴らし出てくるはずのない友人を待っていました。
この時、私自身は歌を歌ってはおらず、私の口を借りて彼らが自作の歌を歌い続けていました。今、思い出してもしっかりとした歌になっていたことを覚えています。

この間もストーリーは進み、某宗教団体から助けられなかった家族も友人も同級生もストーリーの中でどんどん殺して行きました。車の中で愛を歌いながら、同級生の見たことの無い奥さんに向けて暴言吐きながら。(ですが最終的には皆生き返ってハッピーエンドと言う私好みではありました。)

そしてコインパーキングからほど近いはずの姉の嫁ぎ先ではなく、見ず知らずのお宅に上がってしまうのでした。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。